認知症の基本 認知症の専門病院

青森で認知症の治療ならこの病院!評判のおすすめ5施設。

投稿日:2017-07-06 更新日:

青森での認知症の検査や治療には、
県内の認知症疾患医療センターへ


 
もし青森県にお住いの親御さんやご家族に認知症の兆候がみられ、「一度病院の先生に診察してもらおう」と考えているのであれば、青森県内で、お住まいのエリアから最寄の認知症疾患医療センターを訪問することをおすすめします。(初期の認知症、あるいは軽度認知障害の診断は、かなり経験や知識が必要といわれています。)認知症疾患医療センターは、各都道府県や政令指定都市が指定する認知症の専門医療機関です。青森には5つの病院が「認知症疾患医療センター」に認定されていますので、以下にリストとして掲載しておきます。

 
当サイトで人気の認知症予防・改善サプリメント
プラズマローゲンEXの公式サイトをCheck !

認知症疾患医療センターってなに?

専門スタッフと検査体制が充実
認知症専門医、臨床心理技術者、精神科ソーシャルワーカー、保健師などの専門スタッフがそろう。検査に使うCT、MRI、SPECTも整備されている。(*他の医療機関との連携で確保している施設もある)
 
診断や合併症治療をおこなう
認知症を診断し、他の病気と合併したケースや周辺症状の治療もおこなう。日常の診療は、かかりつけの医師が担当するのが基本。診断にはかかりつけ医からの紹介が必要な場合もある。
 
専門医療相談に応じる
医療相談室で、専門知識を持っている精神保健福祉士などが、認知症の本人、家族、市区町村など関係機関からの医療相談に応じ、適切な医療機関への紹介もおこなう。

青森の認知症疾患医療センター、全5施設リスト

病院名 青森県立つくしが丘病院
住所 青森県青森市大字三内字沢部353-92
電話 017-787-2121
診療 精神科/歯科(入院患者のみ)/認知症(認知症疾患医療センター)
病院名 弘前愛成会病院
住所 青森県弘前市大字北園1-6-2
電話 0120-085-255
診療 精神科/心療内科/内科/認知症(認知症疾患医療センター)
病院名 青南病院
住所 青森県八戸市大字田面木字赤坂16-3
電話 0178-27-2016
診療 精神科/神経科/心療内科/内科/歯科/認知症(認知症疾患医療センター)
病院名 高松病院
住所 青森県十和田市大字三本木字里ノ沢1-249
電話 0176-23-6540
診療 精神科/内科/認知症もの忘れ専門外来(認知症疾患医療センター)
病院名 つがる総合病院
住所 青森県五所川原市 岩木町12-3
電話 0173-35-3111
診療 消化器・血液・膠原病内科/循環器・呼吸器・腎臓内科/内分泌・糖尿病・代謝内科/神経内科/一般・内視鏡・心血管・呼吸器・乳腺外科/消化器外科/形成外科/整形外科/小児科/産科婦人科/皮膚科/泌尿器科/眼科/耳鼻咽喉科/脳神経外科/精神科/放射線科/麻酔科/リウマチ科/歯科口腔外科/認知症(認知症疾患医療センター)

毎日コーヒー1杯分のコストで認知症対策!
予防・改善にはプラズマローゲンが効果的。

認知症は進行性の病。一度発症すると完治は困難で、基本的には症状をキープし、いかに進行を遅らせるかが課題となります。一般的には「食生活の改善」や「適度な運動」、「脳トレ」などが効果的といわれていますが、それだけでは何か物足りなくはないでしょうか?これら生活習慣の改善は、ある意味当たり前の認知症対策。今はそれに加えてプラズマローゲンのサプリメントを補給することが、「自ら一歩、足を進める」ポジティブな予防対策といえそうです。
 
□ 参考:概要をまとめたTOPページ
□ 参考:プラズマローゲンってなに?
 
このサイトをご覧になっている方は、特に認知症に対する自己防衛に対して敏感にアンテナを張っている方だと思います。「現段階でとり得る、最大限の対策をしていきたい」とお考えの方が多いと思いますので、そういった方には、認知症のメカニズムから開発されたプラズマローゲンのサプリメントは、手軽に実行できて、かつ、最も効果的な認知症予防対策と言えると思います。
 
プラズマローゲンはそもそも人間の体内にある天然物質。人工的に生成するようなケミカルなものではないため、安心安全性は確証されています。1日2~3回、規則正しい食事にあわせて服用するだけ。よくビタミンをサプリメントで補給しますが、要はそれと同じです。プラズマローゲンをサプリで補給することにより、認知症の直接的原因にもなっている脳細胞の酸化、死滅を減らすことができます。毎日わずかコーヒー1杯分程度のコストで始める認知症予防。将来の不安に対する先行投資と考えれば、決して高い金額ではないと思います。


【プラズマローゲンEX】

プラズマローゲンEX(1本あたり)
通常価格(定価) 4,980円*割引あり
容量: 30粒(1本)
プラズマローゲン量: 250μg/1粒
メーカー推奨摂取量: 1日2粒(500μg)
1日ぶんの料金目安: 1日2粒で、約332円

プラズマローゲンEXは、メーカー推奨のプラズマローゲン1日摂取量500μg。これは他商品と比べては少なめですが、まだ認知症の兆候がでているわけではなくて、あくまで予防のためのサプリメントなら、これで十分だと思います。(その分1日あたりに換算した料金もおさえられます。)私の両親もそうですが、今は予防でも仮に今後、認知症の兆候がでてきたら、プラズマローゲンの1日摂取量を増やすなり、認知症の改善を目的に、(多少割高でも)以下に紹介する他2商品にステップアップしてもいいかなと考えています。

親の認知症がより現実的な状況に差し迫っているのであれば、プラズマローゲンの配合量も多く、予防よりも改善を目的にしたサプリメントを。鶏ムネ肉由来なら新DHAサプリ「プラズマローゲン&レッドDHA」、国産ホタテ由来なら高純度〈プラズマローゲン〉サプリメントが人気のようです。

-認知症の基本, 認知症の専門病院
-

執筆者:

関連記事

あなたの親は大丈夫?認知症の予防に効果的な方法とは。

認知症は予防できるの?   ひと言に認知症といっても、医学的にはいろんな種類の認知症があります。日本では「アルツハイマー型認知症」「血管性認知症」「レピー小体型認知症」が3大認知症で、日本人 …

専門病院でおこなわれる一般的な認知症の診断方法とは。

認知症になったらどんな治療が有効か?   まず最初に理解しておくべき事実があります。それは、残念ながら現代の医学ではまだ、「それさえ飲めば完治する」ような認知症の特効薬は開発されていません。 …

宮城で認知症の治療ならこの病院!評判のおすすめ10施設。

宮城での認知症の検査や治療には、 県内の認知症疾患医療センターへ   もし宮城県にお住いの親御さんやご家族に認知症の兆候がみられ、「一度病院の先生に診察してもらおう」と考えているのであれば、 …

認知症予防に必須!まずは心掛けたい10の生活習慣まとめ。

認知症の予防対策に「早すぎる」ことはありません   2025年の日本では、高齢者の3人に1人が認知症、またはその予備軍である軽度認知障害(MCI)になると言われています。2025年って、よく …

高齢者・認知症の親の介護に。安心の見守りサービスまとめ。

高齢者や認知症の行方不明者は、3年連続1万人超   高齢者で認知症が進行すると、時々、暴言や妄想などの奇行がみられることがあります。なかでも特に深刻で、家族を悩ませる症状のひとつが、深夜徘徊 …