まずは基礎知識から

認知症予防に効く、プラズマローゲンの効果。

投稿日:2017-05-26 更新日:

まずはプラズマローゲンと認知症のメカニズムをおさらいです

プラズマローゲンが認知症の予防や改善に効果的であるということは、プラズマローゲンと脳疲労研究の第一人者、九州大学・藤野教授の研究でも立証されています。あらためてそのメカニズムをおさらいしてみましょう。

 
そもそもプラズマローゲンという物質は脂質の中のリン脂質の一種。人間の脳神経細胞にも自然に含まれている天然物質です。人間の脳は通常、ストレスによる脳疲労加齢、その他さまざまな要因により酸化や劣化が進行していきます。(その行きつく先が、いわゆる認知症です。)プラズマローゲンは「少しでも脳細胞を守ろう」と、自らが身代わりになって脳細胞の代わりに酸化する性質があります。脳はプラズマローゲンおかげで、酸化や劣化を最小限にカバーしながらその機能を維持していきます。つまり、認知症(アルツハイマー型認知症)は、脳内のプラズマローゲンが様々な理由により不足していることによって、脳細胞自体の酸化や劣化をカバーしきれなくなったために引き起こる症状だったわけです。これを逆に考えると、脳細胞内のプラズマローゲンが不足しないように日常的に補うことによって、脳細胞の劣化をカバーすることができ、認知症の予防や改善にもつながるという訳です。

プラズマローゲンの効果ってどれくらいあるの?

九州大学・藤野教授によると、2013年に、福岡大学医学部と共同でアルツハイマー型認知症40人を対象に臨床試験を実施。プラズマローゲン1㎎投与で、統計的有意に認知レベルの向上が見られたそうです。その後、レビー小体型認知症や意味性認知症でも改善例が見られているといいます。(九州医事新報インタビュー記事より)
 

 
また、2015年に放映されたTBS「夢の扉」内で登場した80代女性の認知症患者は、プラズマローゲン2週間の投与で明らかに表情や言語機能等に改善がみられ(数値等は不明)、また70代の男性の認知症患者は知能検査のチェックシートでも1ヶ月で5ポイントもスコアがアップするなど、プラズマローゲンによる目に見えた効果あったようです。その際の臨床試験では、40人に半年間プラズマローゲンの含有食品を試したところ、50%の患者に顕著な改善例がみられ残りの50%は現状維持という結果。まあ、認知症はほっておけば日々悪化することが一般的なので、現状維持というだけでも凄い気がします。それだけ、プラズマローゲンが効果的に機能するということだと思います。

認知症の予防に評判の良い
プラズマローゲンのサプリメント


【プラズマローゲンEX】

プラズマローゲンEX(1本あたり)
通常価格(定価) 4,980円*割引あり
容量: 30粒(1本)
プラズマローゲン量: 250μg/1粒
メーカー推奨摂取量: 1日2粒(500μg)
1日ぶんの料金目安: 1日2粒で、約332円

プラズマローゲンEXは、メーカー推奨のプラズマローゲン1日摂取量500μg。これは他商品と比べては少なめですが、まだ認知症の兆候がでているわけではなくて、あくまで予防のためのサプリメントなら、これで十分だと思います。(その分1日あたりに換算した料金もおさえられます。)私の両親もそうですが、今は予防でも仮に今後、認知症の兆候がでてきたら、プラズマローゲンの1日摂取量を増やすなり、認知症の改善を目的に、(多少割高でも)以下に紹介する他2商品にステップアップしてもいいかなと考えています。

親の認知症がより現実的な状況に差し迫っているのであれば、プラズマローゲンの配合量も多く、予防よりも改善を目的にしたサプリメントを。鶏ムネ肉由来なら新DHAサプリ「プラズマローゲン&レッドDHA」、国産ホタテ由来なら高純度〈プラズマローゲン〉サプリメントが人気のようです。

-まずは基礎知識から
-

執筆者:

関連記事

認知症の予防に効果的な物質、プラズマローゲンとは?

プラズマローゲンってなに? プラズマローゲンは、ひとことで言えば、人や動物の体内にある「物質」のひとつです。もう少し詳しく言えば、抗酸化作用を持った「リン脂質」の一種。人間の脳は通常、ストレスによる脳 …