認知症の基本 認知症の豆知識

認知症予防に必須!まずは心掛けたい10の生活習慣まとめ。

投稿日:2017-06-19 更新日:

認知症の予防対策に「早すぎる」ことはありません


 
2025年の日本では、高齢者の3人に1人が認知症、またはその予備軍である軽度認知障害(MCI)になると言われています。2025年って、よくよく考えてみたらそんなに先の話ではないですよね。今が2017年だから8年後?私たちが思っている以上に、世の中は高齢化が進んでいるということかもしれません。私含めて40代、50代の人間にとってみれば、まず心配なのは自分の家族、特に親世代のことでしょう。(もちろん今は若年性痴呆症だって他人事ではありませんけど。)
 
とにかく、認知症は患う本人だけでなく、その家族にも大きな影響を与える、今や深刻な社会問題です。この厳しい現実を直視し、早め早めの対策をとることが重要です。認知症の予防対策に「早すぎる」ことはありません。では、まず何から始めるのがいいのでしょうか?この記事では杉山孝博・杉山幸クリニック院長が作成した「認知症にならないための10か条」をご紹介します(参考:週刊ダイヤモンド2015年2/21号「特集認知症社会」)

 
当サイトで人気の認知症予防サプリメント
プラズマローゲンEXの公式サイトをCheck !

生活習慣を見直し、認知症を予防する

認知症にならないための10か条
作成:杉山孝博・杉山幸クリニック院長

脳血管を大切にする
動脈硬化の要因になる高血圧、糖尿病、脂質異常、肥満に注意する
食生活を整える
緑黄色野菜や魚などをバランスよく食べる
毎日、適度な運動を心掛ける
基本は歩くこと。歩数計を持つなどして歩く習慣をつける。
飲酒・喫煙が過度にならないように注意する
ストレス解消程度はOK。ただし過度の場合は健康を害する
生活パターンが単調にならないように気を付ける
趣味を楽しむ。趣味でなくても買い物や映画など何でもOK
生き生きとした生活を楽しむ
例えば地域のボランティアに参加するのもいいかも
人間関係を普段から円滑にしておく
人間関係がまずいと閉じこもりや鬱になることも
自らの健康管理を心掛ける
散歩や運動を気長に行い、定期的に健康診断を受診する
病気や障害の予防や治療に努める
動脈硬化に限らず、病気の予防、治療に努める
寝たきりにならないように心掛ける
閉じこもりや、寝たきりは発症要因。転倒や骨折にも注意。

*週刊ダイヤモンド2015年2/21号「認知症特集」参照

適切な予防対策で、症状の回復も可能

別記事で、タレントの蛭子さんが軽度認知障害(MCI)と診断されたということを書きましたが、蛭子さんはその後、さっそく専門医による「認知症予防プログラム」に通い、生活習慣から改善をすすめているそうです。主治医である筑波大学の朝田教授によると「MCIの段階で適切なケアをすれば認知機能の悪化を防ぎ、またMCIになったばかりの初期段階なら、健常な状態に引き戻せる可能性のある」そうです。ただし、何の予防対策もしなかったら約50%の人がそのまま認知症になるらしいので、いかに自分の意識改革と自己防衛が大切かがわかりますね。
 
参考:認知症の初期症状をテストでチェック。

認知症の初期症状なら、生活習慣の見直しとあわせて
プラズマローゲンのサプリメントが効果的

認知症の予防には、根本的な生活習慣の改善にあわせて、毎日の食生活にプラスαを加える形でプラズマローゲンのサプリメントを取り入れることをおすすめします。上記の「生活習慣の改善」は、誰もが努力次第で出来る、ある意味当たり前の予防対策。それに加えてサプリメントは「自ら一歩、足を進める」ポジティブな予防対策といえます。(プラズマローゲンがいかに認知症に効果的かは別記事に詳しく記載しているので、そちらをご参照ください。)
 
□ 参考:概要をまとめたTOPページ
□ 参考:プラズマローゲンってなに?
 
このサイトをご覧になっている方は、特に認知症に対する自己防衛に対して敏感にアンテナを張っている方だと思います。「現段階でとり得る、最大限の対策をしていきたい」とお考えの方が多いと思いますので、そういった方には、認知症のメカニズムから開発されたプラズマローゲンのサプリメントは、手軽に実行できて、かつ、最も効果的な認知症予防対策と言えると思います。
 
プラズマローゲンはそもそも人間の体内にある天然物質。人工的に生成するようなケミカルなものではないため、安心安全性は確証されています。1日2~3回、規則正しい食事にあわせて服用するだけ。よくビタミンをサプリメントで補給しますが、要はそれと同じです。プラズマローゲンをサプリで補給することにより、認知症の直接的原因にもなっている脳細胞の酸化、死滅を減らすことができます。毎日わずかコーヒー1杯分程度のコストで始める認知症予防。将来の不安に対する先行投資と考えれば、決して高い金額ではないと思います。

認知症予防におすすめ!
評判の良いプラズマローゲンのサプリメント

ここからは私の体験もベースに書かせて頂きます。私も現在80代の両親がいますが、父も母も認知症の予防という目的でプラズマローゲンのサプリメントを愛用しています。各メーカーからいろんな種類が発売されていますが、基本的な効能は同じなので、皆さんの「好み」で選んでも、そんなに問題ありません。ちなみに、私の両親は、幸いまだ認知症の症状がなく、あくまで「予防」に重きを置いていますので、金額的にもややお手頃な〈プラズマローゲンEX〉を愛用しています。もちろん今後、状況に応じて、よりプラズマローゲンの配合量が多い〈プラズマローゲン&レッドDHA 〉か、〈高純度「プラズマローゲン」サプリメント〉に変えるかもしれません。皆さんも、それぞれの状況に応じて検討してみたらいいと思います。


【プラズマローゲンEX】

プラズマローゲンEX(1本あたり)
通常価格(定価) 4,980円*割引あり
容量: 30粒(1本)
プラズマローゲン量: 250μg/1粒
メーカー推奨摂取量: 1日2粒(500μg)
1日ぶんの料金目安: 1日2粒で、約332円

プラズマローゲンEXは、メーカー推奨のプラズマローゲン1日摂取量500μg。これは他商品と比べては少なめですが、まだ認知症の兆候がでているわけではなくて、あくまで予防のためのサプリメントなら、これで十分だと思います。(その分1日あたりに換算した料金もおさえられます。)私の両親もそうですが、今は予防でも仮に今後、認知症の兆候がでてきたら、プラズマローゲンの1日摂取量を増やすなり、認知症の改善を目的に、(多少割高でも)以下に紹介する他2商品にステップアップしてもいいかなと考えています。

親の認知症がより現実的な状況に差し迫っているのであれば、プラズマローゲンの配合量も多く、予防よりも改善を目的にしたサプリメントを。鶏ムネ肉由来なら新DHAサプリ「プラズマローゲン&レッドDHA」、国産ホタテ由来なら高純度〈プラズマローゲン〉サプリメントが人気のようです。

-認知症の基本, 認知症の豆知識
-

執筆者:

関連記事

宮城で認知症の治療ならこの病院!評判のおすすめ10施設。

宮城での認知症の検査や治療には、 県内の認知症疾患医療センターへ   もし宮城県にお住いの親御さんやご家族に認知症の兆候がみられ、「一度病院の先生に診察してもらおう」と考えているのであれば、 …

専門病院でおこなわれる一般的な認知症の診断方法とは。

認知症になったらどんな治療が有効か?   まず最初に理解しておくべき事実があります。それは、残念ながら現代の医学ではまだ、「それさえ飲めば完治する」ような認知症の特効薬は開発されていません。 …

親が初期の認知症に!家族が心掛けるベストな対応方法とは?

親が初期の認知症と診断されたら…   あくまで仮定の話ですが、もし明日にでも、あなたの親が初期の認知症と診断されたらどうしますか?超高齢化社会が到来している日本。2025年には高齢者の3人に …

急増中!認知症予防教室&スポーツクラブはここがおすすめ。

シニア向けの認知症予防教室やスポーツクラブが急増中   高齢化社会の到来とともに、世の中でもたくさんの企業から、認知症の予防に関連した商品やサービスが開発されています。いわゆる高齢者向けビジ …

青森で認知症の治療ならこの病院!評判のおすすめ5施設。

青森での認知症の検査や治療には、 県内の認知症疾患医療センターへ   もし青森県にお住いの親御さんやご家族に認知症の兆候がみられ、「一度病院の先生に診察してもらおう」と考えているのであれば、 …