認知症の基本 認知症の豆知識

あなたの親は大丈夫?認知症の予防に効果的な方法とは。

投稿日:2017-06-15 更新日:

認知症は予防できるの?


 
ひと言に認知症といっても、医学的にはいろんな種類の認知症があります。日本では「アルツハイマー型認知症」「血管性認知症」「レピー小体型認知症」が3大認知症で、日本人の認知症患者の85%程度がこのいずれかに該当するようです。中でも断トツで多いのがアルツハイマー型認知症ですね。有名人で言えば、女優の故・南田洋子さんなんかはアルツハイマー型認知症を患われていたと思います。晩年、夫の長門裕之さんが献身的に介護されている姿がTVにも度々とりあげられていました。南田さん以外にも、世間一般的に「認知症」といわれる人の大部分は、アルツハイマー型認知症と思っていいかもしれません。それでは、これらの認知症は、はたして予防できるのでしょうか?

 
当サイトで人気の認知症予防サプリメント
プラズマローゲンEXの公式サイトをCheck !

認知症は予防できるタイプと、予防しにくいタイプがある


 
上述の通り、日本人に多い認知症は「アルツハイマー型認知症」「血管性認知症」「レピー小体型認知症」で、全体の8割以上を占めているというお話でした。しかしながら、これら3大認知症の中でも、原因がはっきりしている「血管性認知症」と、根本的な原因がまだはっきりしない「アルツハイマー型認知症」「レピー小体型認知症」では、予防の対策が大きく異なるようです。
 
「血管性認知症」は、脳の血管が詰まったり破裂したりする、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが原因で脳の機能が低下するような認知症なので、原因となる病気を予防すればいいと言えます。具体的に言えば、高血圧や糖尿病、脂質異常症などでしょうか。ようするに血管性認知症は原因がはっきりしているぶん、予防対策が立てやすいわけです。
 
参考:認知症の予防に効果大の食事・食材まとめ。
参考:認知症予防は有酸素運動と筋トレがカギ。
 
一方で「アルツハイマー型認知症」や「レピー小体型認知症」は変性疾患と呼ばれ、脳の神経細胞の数が徐々に減少するタイプの認知症です。タンパク質が脳内に蓄積することで引き起こされる以外に、なかなか根本的な原因がはっきりしていないため、長い間、医学的にも根本的な治療や予防対策が難しいものとされていました。しかし、ここ数年でアルツハイマー型認知症の研究も大幅に進み、そのメカニズムも大よそ解明されつつあるようです。
 
認知症研究の第一人者である九州大学の藤野教授は、アルツハイマー型認知症の直接的原因(メカニズム)の根幹は「脳疲労」にあると主張されています。脳疲労によって、脳細胞が酸化したり死滅することが、認知機能や判断能力の低下などの原因となり、いわゆるアルツハイマー型認知症につながると結論づけられています。つまり、脳疲労の原因をつきとめ予防・対策をすることが、アルツハイマー型認知症の予防や改善につながるという訳です。

「アルツハイマー型認知症」を予防するカギは、プラズマローゲンという脳内物質

藤野教授は、脳疲労の原因を研究する過程で、脳内に存在するプラズマローゲンという物質が脳細胞の酸化や死滅をカバーする役割を担っていることも発見されました。抗酸化作用のあるプラズマローゲンが、脳細胞の身代わりになって酸化することによって、脳細胞の死滅を削減していることがわかったのです。つまり、認知症になる人は、脳内のプラズマローゲンの量が十分に足りていない状況になっているわけで、何らかの方法によってプラズマローゲンを補ってあげることによって、認知症を予防や緩和、改善することができるのです。
 

 
ただし、ひとつ問題なのは、このプラズマローゲンという自然物質はそもそも抽出・生成が非常に困難で、なかなかまとまった量を確保することが出来ないという点です。いくらプラズマローゲンがアルツハイマー型認知症に効果的といっても、医療として恒常的に患者に投与するには、それなりに安定した「量」の確保が必要になってきますから。
 
□ 参考:概要をまとめたTOPページ
□ 参考:プラズマローゲンってなに?
 

認知症予防に効果的な、
プラズマローゲンのサプリメントが登場

「認知症の予防にプラズマローゲンという自然物質が効果的」という事実は、医薬品業界やサプリメントメーカーを動かしました。何度も何度も研究開発が繰り返され、ついに鶏胸肉やホタテからプラズマローゲンを効率的に抽出する方法が確立されたのです。今では様々なメーカーから認知症予防対策の健康食品として、プラズマローゲンのサプリメントが販売されています。あくまで健康補助食品という位置づけなので、使用方法はビタミン剤なんかと同じ。規則正しい生活と食事に+アルファでプラズマローゲンのサプリメントを毎日摂取することにより、認知症患者の症状緩和、改善等が実証されています。

認知症予防におすすめ!
評判の良いプラズマローゲンのサプリメント

ここからは私の体験もベースに書かせて頂きます。私も現在80代の両親がいますが、父も母も認知症の予防という目的でプラズマローゲンのサプリメントを愛用しています。各メーカーからいろんな種類が発売されていますので、私も親にすすめる際に、どのメーカーのプラズマローゲンサプリメントを選択すればいいか、ずいぶん悩みました。そして、結論からいえば「どのサプリメントも、そんなに大差ないよね。」という考えに行きつきました。もちろん、プラズマローゲンも大きく分けると、「鶏ムネ肉」から抽出したものと、「ホタテ」から抽出したものの2種類ありますが、由来がどっちであれ、基本的な効能は同じです。つまりプラズマローゲンサプリメントは皆さんの「好み」で選んでも、そんなに問題ないということです。あとは、予算だったり、プラズマローゲンの配合量だったりで、メーカーの商品それぞれに違いがありますので、そのへんも考慮して選ぶことです。
 
ちなみに、私の両親は、幸いまだ認知症の症状がなく、あくまで「予防」に重きを置いていますので、〈プラズマローゲンEX〉を愛用しています。理由は金額的にややお手頃だからです。サプリメントは毎日継続して飲み続けることが何より重要です。そういう意味でも、商品の価格はバカにできません。もちろん今後、状況に応じて、よりプラズマローゲンの配合量が多い〈プラズマローゲン&レッドDHA 〉か、〈高純度「プラズマローゲン」サプリメント〉に変えるかもしれません。皆さんも、それぞれの状況に応じて検討してみたらいいと思います。


【プラズマローゲンEX】

プラズマローゲンEX(1本あたり)
通常価格(定価) 4,980円*割引あり
容量: 30粒(1本)
プラズマローゲン量: 250μg/1粒
メーカー推奨摂取量: 1日2粒(500μg)
1日ぶんの料金目安: 1日2粒で、約332円

プラズマローゲンEXは、メーカー推奨のプラズマローゲン1日摂取量500μg。これは他商品と比べては少なめですが、まだ認知症の兆候がでているわけではなくて、あくまで予防のためのサプリメントなら、これで十分だと思います。(その分1日あたりに換算した料金もおさえられます。)私の両親もそうですが、今は予防でも仮に今後、認知症の兆候がでてきたら、プラズマローゲンの1日摂取量を増やすなり、認知症の改善を目的に、(多少割高でも)以下に紹介する他2商品にステップアップしてもいいかなと考えています。

親の認知症がより現実的な状況に差し迫っているのであれば、プラズマローゲンの配合量も多く、予防よりも改善を目的にしたサプリメントを。鶏ムネ肉由来なら新DHAサプリ「プラズマローゲン&レッドDHA」、国産ホタテ由来なら高純度〈プラズマローゲン〉サプリメントが人気のようです。

-認知症の基本, 認知症の豆知識
-

執筆者:

関連記事

高齢者・認知症の親の介護に。安心の見守りサービスまとめ。

高齢者や認知症の行方不明者は、3年連続1万人超   高齢者で認知症が進行すると、時々、暴言や妄想などの奇行がみられることがあります。なかでも特に深刻で、家族を悩ませる症状のひとつが、深夜徘徊 …

認知症予防に必須!まずは心掛けたい10の生活習慣まとめ。

認知症の予防対策に「早すぎる」ことはありません   2025年の日本では、高齢者の3人に1人が認知症、またはその予備軍である軽度認知障害(MCI)になると言われています。2025年って、よく …

あなたの親は大丈夫?認知症の初期症状をテストでチェック。

初期症状?軽度認知障害(MCI)とは?   認知症をひとことで言えば、脳の細胞が破壊されて認知機能に障害が生じる症状です。進行の度合いによっては、日常生活にも支障をきたすようになります。イメ …

知らなきゃ損する!認知症の予防に効果大の食事・食材まとめ。

認知症の予防対策は、まずは食事内容の見直しから   認知症の予防に、毎日の生活習慣を見直すことが大切だということは以前に別記事で書きました。その生活習慣のなかでも、特に重要なのが食事です。認 …

急増中!認知症予防教室&スポーツクラブはここがおすすめ。

シニア向けの認知症予防教室やスポーツクラブが急増中   高齢化社会の到来とともに、世の中でもたくさんの企業から、認知症の予防に関連した商品やサービスが開発されています。いわゆる高齢者向けビジ …